ANAカードなら効率よくANAマイルを貯めておトクに旅行に行ける!

MENU

ANAカード

ANAカード

ANAカードは運営会社で分かる通り、ANA(全日空)をよく使う人にメリットの大きいクレジットカードです。
ポイントとマイルの互換性が高く、カードを使って搭乗券を購入するとボーナスマイルの付く特典があります。
店頭での利用でもボーナスポイントの付く店舗が増加していて、Edyチャージをするだけでもマイルの貯まる多彩なポイントプラグラムを用意しています。
ANAマイルを集めている方やポイントをマイルに交換して旅行に行きたい方に最適なクレジットカードです。

 

 

豊富な割引サービス

ANAカードには以下の割引サービスが付いています。

 

空港内免税店での割引

一般5%、WIDE以上10%

 

高島屋SHILLA&ANA(タイムズスクエアにある免税店)での割引

一般5%、WIDE以上10%

 

国内線・国際線の機内販売割引

基本割引率10%

 

空港内店舗「ANA FESTA」

基本割引率10%

 

成田空港でのパーキング割引

優待料金で利用可能、要事前予約

 

ANAショッピング A-style

一律5%OFF

 

ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース(パッケージツアー)の割引

一律5%OFF

 

ANAビジネスソリューション公開講座の受講料割引(接客マナー講習)

一律15%OFF

 

ハウステンボス内 指定店舗割引

一律5%OFF

 

 

活用頻度が多いのは飛行機を利用した移動による支払いです。
ANAを活用する人は必須と言えるカードです。
仕事や里帰りで定期的に飛行機を利用する人はANAカードを活用して、毎回航空会社はANAしか使わない強いこだわりを持ってマイルを貯めている方が多いです。

 

 

主要なANAカードとスペック

ANAカードは一般、WIDE、GOLD、プレミアムの4つのグレードに分類されています。
各カードで交通系ICカードセットタイプなど複数の種類があり、カードブランドによってスペックが変わります。
主要なカードのポイント還元率や年会費をまとめました。
なおカードブランドでアメックスやダイナーズを選択すると年会費や付帯サービスが変わります。

 

ANA一般カード (VISA,マスターカード、JCB)
年会費 初年度無料、2年目以降2,160円
ポイント還元率 0.1%(1ポイント5マイルに交換可能)
特典 入会、継続1,000マイル、搭乗ボーナスマイル10%など

 

ANAワイドカード (VISA,マスターカード、JCB)
年会費 7,800円
ポイント還元率 0.1%(1ポイント5マイルに交換可能)
特典 入会、継続2,000マイル、搭乗ボーナスマイル25%など

 

ANAワイドゴールドカード (VISA,マスターカード、JCB)
年会費 15,120円
ポイント還元率 0.1%(1ポイント10マイルに交換可能)
特典 入会、継続2,000マイル、搭乗ボーナスマイル25%など

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカード (VISA、JCB)
年会費 86,400円
ポイント還元率 0.1%(1ポイント15マイルに交換可能)
特典 入会、継続10,000マイル、搭乗ボーナスマイル50%など

 

一般的なクレジットカードはプラチナになってもポイント還元率はゴールドから据え置きになりますが、ANAカードはマイルへの交換レートや搭乗ボーナスマイルがグレードの高いカードほど優遇されます。
プラチナになると搭乗ボーナスマイル50%になり、マイル交換率も一般カードの3倍になります。
アクティブに使う人は税抜8万円の年会費でも簡単に元を取れます。
もちろん上位カードになると、旅行保険や限度額、優待などの付帯サービスも充実してきます。